福島大・荒井教授に「学術賞」 食農資源経済学会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 食農学類(仮称)の開設準備を進める福島大農学系教育研究組織設置準備室の副室長を務める荒井聡教授が、食農資源経済学会学術賞を受賞した。同大が発表した。

 荒井教授の著書「米政策改革による水田農業の変貌と集落営農―兼業農業地帯・岐阜からのアプローチ」が同学会の発展に寄与すると評価された。

 米政策改革大綱(2002年)の提起を受けて水田農業の担い手がどう発展していったかなどをまとめた。

 荒井教授は「食農学類にもちなんだ学会から学術賞をいただけたのはうれしい」としている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区