中合福島店2番館閉館で99人離職 有期契約社員とテナント従業員

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市の中合福島店2番館の閉館に伴い、有期契約社員とテナント従業員合わせて99人が離職したことが7日、分かった。中合正社員61人に離職者はいなかったが、うち11人はイオングループの別店舗へ出向した。

 閉館に伴いハローワーク福島が設置した福島地域雇用対策本部の第2回会議が同日までに同市で開かれ、現状が報告された。離職者の内訳は有期契約社員41人、テナント従業員58人(正社員14人、パート44人)。

 また、78人が再就職に向けてハローワークへ求職を申し込み、自己就職を含む8人の就職が決まった。