ドラマ優秀賞で表彰 福島中央テレビ「タチアオイの咲く頃に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ドラマ優秀賞を受賞したFCTの「タチアオイの咲く頃に」

 第65回民間放送全国大会は7日、東京都で開かれ、福島中央テレビ(FCT)が制作したドラマ「タチアオイの咲く頃に~会津の結婚~」が日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門の優秀賞を受賞した。テレビドラマ番組での受賞は県内初。

 民放連には全国の民間ラジオやテレビ206社が加盟。全国大会には、FCTから河田卓司社長、佐藤崇常務報道局長、斎藤裕樹コンテンツ局長が出席した。

 同ドラマは2016(平成28)年6月24日に放送された。

 ドラマでは、戊辰戦争の遺恨から、いまだ長州・山口との確執が残る会津が舞台。結婚を決意する会津育ちの女性と山口出身の男性の揺れ動く心の機微を描いた。

 河田社長は「福島から発信したドラマが全国で高く評価され、あらためて福島の良さを感じてもらう機会になるとうれしい」と話した。