福島で民家に大型ダンプ突っ込み運転手死亡 道路縁石に接触か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 8日午前10時5分ごろ、福島市の民家の住人から「トラックが物置に突っ込んだ」と110番通報があった。福島北署によると、二本松市、運転手、男性(60)の大型ダンプカーが木造2階建ての物置に突っ込んだ。60歳男性は全身を強く打って死亡した。

 同署によると、60歳男性が道路左側の縁石に接触した弾みで、道路右側の倉庫にぶつかり、さらに反対にハンドルを切って道路左側の民家の物置に突っ込んだとみられる。物置に隣接する住民らにけがはなかった。同署が原因を調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区