西郷の殺人、元組員に懲役30年 福島地裁、無職男は懲役20年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 西郷村の農地で田村市出身の男性が拳銃で殺害、遺棄された事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた本籍郡山市、住所不定、元暴力団員、無職、男(45)、同市、無職、男(43)両被告の裁判員裁判判決公判は9日、福島地裁で開かれた。宮田祥次裁判長は45歳被告男に有期刑の上限となる懲役30年(求刑無期懲役)、43歳被告男に懲役20年(求刑懲役23年)を言い渡した。

 判決理由で宮田裁判長は、2人が殺傷能力の高い拳銃を準備した上、犯行現場を入念に選んだことを「確定的な殺意に基づく共謀」と認定。45歳被告男については、殺害を実行した上、犯行準備にも積極的に関与したとし「1人の殺人としては相当に重い事案で、刑事責任は重大」と述べた。

 43歳被告男については、拳銃の手配などに加え、被害者を呼び出すなど「犯行の遂行に重大な役割を意欲的に果たした」と指摘。一方で、43歳被告男の供述で事件の真相が解明された事情を酌んだとした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区