唐橋アナ「夢の実現には強い心が大切」 地元・喜多方で講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
児童や生徒に夢を持つ大切さを伝えた唐橋さん(右)

 喜多方っ子の「夢」実現事業の講演会は8日、喜多方市の喜多方プラザで開かれ、同市出身のフリーアナウンサー唐橋ユミさんが地元の小、中学生に夢を持つことの重要性を伝えた。

 キャリア教育の一環。同市教委が各界の第一線で活躍する「本物」に触れる機会をつくり、子どもたちに職業観やコミュニケーション能力などを育んでもらおうと初めて開催した。

 事業には市内の小学6年生と中学3年生の約800人が参加。各中学校の代表生徒が進行役を務めた。

 唐橋さんは自身の方言に悩んだり、友人との出会いに恵まれた経験などに触れ、「夢の実現には強い心が大切」と強調。米大リーグで活躍するイチロー選手にインタビューする現在の夢も紹介した。

 参加者はアナウンサー体験として朗読に挑戦。唐橋さんから助言を受け、プロの技術を体感していた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区