渡部恒三氏「借金を背負った会社」 増子民進幹事長が就任報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
渡部元衆院副議長(左)と握手し二大政党制の実現を誓った民進党の増子幹事長=10日午後、会津若松市

 民進党の幹事長に就任した増子輝彦氏(参院福島選挙区)は10日、渡部恒三元衆院副議長を会津若松市の自宅に訪れ、幹事長就任を報告した。

 増子氏は「民進党再生のため、国民の声に応えられるように全身全霊で取り組む」と決意を述べた。渡部氏は「日本の民主主義には二大政党制が欠かせない。政権交代を実現できるような政党をつくるために頑張ってほしい」と激励した。

 また、増子氏は大塚耕平同党代表を牛若丸に例え「とてもスマートな方。弁慶役として大塚代表を支えたい」とユーモアを交えた。渡部氏は同党を「借金を背負った会社」と恒三節を披露し「政権交代の実現という夢を持ち初心に戻ることが大切」とアドバイスした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区