幻想的な『黄色の世界』...「長床」ライトアップ 新宮熊野神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
幻想的にライトアップされた大イチョウ=14日午後、喜多方市慶徳町

 喜多方市慶徳町の新宮熊野神社で樹齢800年の大イチョウが鮮やかな黄色に染まり、国重要文化財の拝殿「長床」に彩りを添えている。14日は試験的にライトアップが行われ、暗闇の中、幻想的な光景が浮かび上がった。

 地元の新宮地区重要文化財保存会(渡部晃久会長)が毎年、黄葉に合わせライトアップしている。今年の実施期間は15~22日。時間は午後5時30分~同7時30分。日中は拝観料300円が必要だが、ライトアップ時間内は入場無料。

 同保存会によると、大イチョウは高さ約37メートル、幹回り8メートルの巨木。18日の「長床ウオーク」では、ひらひらと舞い落ちるイチョウや黄色いじゅうたんも楽しめそう。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区