対向車に『ウリ』投げた28歳男逮捕 「ストレスがたまってた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 対向車に野菜や果物を投げ付けて車の一部を壊したとして、白河署は16日午前9時15分、器物損壊の疑いで白河市、作業療法士、容疑者(28)を逮捕した。同署によると、同様の事件が白河、矢吹、泉崎の3市町村で十数件確認されており、同署はいずれも容疑者が関わったとみて調べている。

 逮捕容疑は11日午後6時30分ごろ、白河市の市道で軽自動車を運転中、対向してきた同市の男性の自動車にウリを投げ付け、ヘッドライトを壊した疑い。容疑者は容疑を認めており「仕事のストレスがたまっていた」などと供述しているという。

 同署によると、同市などでは9月中旬ごろから、車ですれ違う際にウリやカキ、タマネギなどを投げ付けられ、車の一部が損壊する事件が相次いでいた。けが人はいなかったが、中にはフロントガラスにぶつかって大きく破損したケースもあり、同署が捜査を進めていた。