暴行容疑で19歳少年逮捕 並走車に因縁、ドア開け胸ぐらつかむ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川署は16日午後2時15分ごろ、暴行の疑いで鏡石町、自称会社員の少年(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は、16日午前1時20分ごろ、須賀川市の国道4号で、信号待ちをしていた少年(18)の乗用車のドアを開け、少年と助手席に乗っていた男性(20)の胸ぐらをつかむなどした疑い。

 同署によると、逮捕の少年は乗用車で並走した際に因縁を付け、暴行したという。