ボタンの古木、香りほのかに 須賀川・初冬の風物詩「牡丹焚火」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
赤々と燃え上がる炎で来場者を魅了した牡丹焚火

 須賀川市の初冬の風物詩「牡丹焚火(ぼたんたきび)」は18日、同市の国指定名勝「須賀川牡丹園」で行われた。関係者らが天寿を全うしたボタンの古木を赤く燃える炎で供養した。市、俳句団体の桔槹(きっこう)吟社、須賀川牡丹園保勝会の主催。

 樹齢を重ねて枯れた古木や折れたボタンの枝をたいて弔う伝統行事で、環境省の「かおり風景百選」に選ばれている。柳沼牡丹園と呼ばれていた大正時代の初めごろに始まった。

 「牡丹焚火」は俳句の冬の季語にもなっていて、多くの俳人が集まった。たき火を囲んだ来場者は赤から青紫になる火の色に見入ったり、ほのかな香りを楽しんだりした。