郡山に「イタリア料理店」 45歳男性、学生時代からの夢が実現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オープンしたイタリアンレストランの店内と湯山さん

 福島県郡山市の湯山憲明さん(45)は21日、学生時代からの夢だったイタリアンレストランを同市駅前1の9の1のビル2階にオープンさせた。

 店舗は大東銀行本店近くの南通り沿いで南イタリアの酒場をイメージした「イタリアンバルCLIP(クリップ)」。湯山さんは宮城県大河原町出身で、福島大で学んだ4年間にアルバイトしていたイタリアンレストランの店舗名と同じにした。「飲食業に興味を持つようになった原点。将来、イタリア料理店を持とうと思うようになった」と話す。

 大学卒業後、飲食業界の会社に就職。2013(平成25)年に脱サラして、郡山市のイタリアン料理店でアルバイトしながら、修業を積んだ。今年初めから独立の準備を進め、大東銀行と日本政策金融公庫郡山支店の創業者向け協調融資を受け、店舗の賃貸や内装工事費用に充てた。

 テーブル12席、カウンター9席。スタッフは全8人で常時3人が勤務する。食事のほか、酒類、ケーキなどのデザートを提供する。「ランチもあり、多様なニーズに対応したい。お客や従業員とのコミュニケーションが楽しめる店にしたい」と意気込む。営業はランチが午前11時~午後2時30分、ディナーが同5~10時30分。日曜日は午前11時~午後4時30分。月曜日定休。