「国が第2原発廃炉を」 内堀福島県知事が全国知事会議で要請

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県の内堀雅雄知事は24日、首相官邸で開かれた全国知事会議の閣僚懇談会で、県や県議会が県民の総意として廃炉を求めている東京電力福島第2原発について「国としても福島県民の強い思いを受け止め、県内原発の全基廃炉を実現するよう要請する」と訴えた。

 しかし、政府側として答弁した武藤容治経済産業副大臣は「福島県の皆さまの心情を察するとこれまで新規制基準の適合性審査を申請している他の原発と同列に取り扱うことは難しい」「まずは東京電力が地元の声に真摯(しんし)に向き合った上で判断を行っていくもの」と従来の見解を繰り返した。

 内堀知事は福島第1原発の廃炉作業については「原子力災害の早期収束を図ることは福島復興の大前提。国が前面に立ち総力を挙げて結果を出してほしい」と求めた。