被災者の心のケアへ 福島・富岡で「ふたば出張所」開所式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開所を祝った関係者

 東日本大震災後の被災者の精神的な支援を行う「ふくしま心のケアセンター」は27日、富岡町で、帰還した住民の相談に応じる新たな拠点「ふたば出張所」の開所式を行った。運営は12月1日から始まる。

 県は2012(平成24)年2月から県精神保健福祉協会に業務を委託し、県内5カ所に方部別のセンターを設けている。ふたば出張所の開設は6カ所目。

 開所式では、同センターの渡辺厚所長が出張所に勤務する職員らに発令通知書を交付し、被災者の心の支援に向け協力を求めた。

 出張所には事務職の所長1人、精神保健福祉士2人、看護師1人を配置。訪問支援を中心に個別相談や電話相談に応じるほか、関係機関への業務支援も行う。

 開設日は平日の午前8時30分~午後5時15分(祝日、年末年始を除く)。住所は富岡町小浜字中央272。電話番号は0240・23・5109(12月から使用開始)。