小学校付近に暴力団事務所 条例違反の疑い、組長ら3人逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市の小学校の近くに暴力団事務所を開設したとして、福島署は4日、県暴力団排除条例違反の疑いで、福島市、指定暴力団組長、無職、容疑者の男(69)ら3人を逮捕した。同条例での摘発は3例目。

 ほかに逮捕されたのは、同市、指定暴力団幹部、無職の男(68)、伊達市、指定暴力団組員、自営業の男(50)の両容疑者。

 逮捕容疑は、同条例で暴力団事務所の開設と運営が禁止されている区域にもかかわらず、福島市の市街地に5月下旬に事務所を構え、10月中旬まで事務所を使用した疑い。

 同署などによると、同条例は、200メートル以内に小学校などがある場所に暴力団事務所をつくることを禁止している。