戌の「ジャンボ絵馬」奉納 輝ける2018年に...福島県護国神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
犬の親子と福袋が描かれたジャンボ絵馬=4日午後、福島市・県護国神社

 福島市の県護国神社に、来年の干支(えと)の戌(いぬ)にちなんだジャンボ絵馬が奉納された。

 絵馬は高さ1.2メートル、幅1.8メートル。小判や小づちなどの縁起物がぎっしり詰まった福袋の周りで、犬の親子がたわむれる。3日に奉納され、翌年の干支の絵馬と交代する来年12月初旬まで飾られる予定。

 同神社では今後、参拝者への記念品の用意など新年を迎えるための準備が進められるという。

 冨田好弘宮司(52)は「来年はそれぞれの人が、ナンバーワン(犬)、オンリーワン(犬)に輝ける年になってほしい」と話している。