「縁結び任せて」 南相馬、サポーターに登録証

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桜井市長(前列中央)から登録証を受けたサポーター

 独身者の出会いの場をつくる「南相馬市縁結びサポーター」の登録証交付式は6日までに、市役所で行われ、桜井勝延市長がサポーターに登録証を手渡した。

 独身者の縁結びを積極的に応援し、少子化や人口減少の解消につなげるのが狙い。市がサポーターを募ったのは初めて。

 サポーターは個人情報の取り扱いなどの研修を受けた後、来年から出会いについての相談や仲介、婚活イベントの情報提供、交際から結婚までの支援活動などを行う。

 登録のサポーターは自営業など20~70代の男女15人。

 桜井市長は「南相馬が幸せづくりのまちとなるよう、皆さんに協力してほしい」とあいさつした。