国道49号で43歳男性はねられ死亡 道路左側歩いてトラックに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午前2時35分ごろ、会津若松市の国道49号で、同市、会社員、男性(43)が、仙台市太白区、トラック運転手、男性(36)の中型トラックにはねられた。43歳男性は全身を強く打ち、会津若松市の病院に運ばれたが、出血性ショックで約4時間後に死亡した。

 会津若松署によると、現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、43歳男性は道路左側を歩いていたという。同署が事故の原因を調べている。