「パチンコで給料出す」 モニター名目に60代男性300万円被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 小野町の60代男性がパチンコモニター会入会名目で約300万円をだまし取られていたことが9日、田村署への取材で分かった。同署が「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、10月下旬ごろ、男性の携帯電話に「パチンコモニター会員にならないか。パチンコをするだけで給料を出す」とメールが届いた。男性がメールで入会を申し込んだところ、相手からパチンコ台の保険金などの名目で現金を要求され、話を信じた男性は9回にわたり、指定された口座に計約300万円を振り込んだ。最近になって相手と連絡が取れなくなり、だまし取られたと気付いた。