「ワカサギ釣り」親子ら90人満喫 桧原湖で福島トヨタイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ワカサギ釣りを楽しむ親子ら

 福島トヨタ自動車(福島市)は9日、北塩原村の桧原湖で「アクアクリーンキャンプ同窓会」を開き、参加者がワカサギ釣りなどを楽しみ、親睦を深めた。

 同社が顧客と共に環境保全に取り組む「福島トヨタクリーンプロジェクト~福島の水と森を守っていこう」の5周年を記念したイベント。これまでの活動に感謝を込め、県内各地のアクアユーザーの家族連れら約90人が招待された。

 ワカサギ釣りは湖に浮かぶ屋形船で行われ、参加者は活動の思い出話に花を咲かせながら釣り糸を垂らし、ワカサギの繊細な当たりを楽しんだ。

 過去5回、活動に参加したという矢吹町の会社員、男性(52)は長女(12)と参加。長女は「お父さんと一緒に22匹も釣った。また連れて来てほしい」と笑顔で話した。