新作羽子板や破魔弓など500点 人形の東月が展示販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
羽子板、破魔弓が並ぶ展示販売フロア

 人形の東月は、いわき市のいわき総本店、郡山市の郡山本店、福島市の福島御山本店など県内全店で、新作羽子板、破魔弓を展示販売している。

 厄よけの縁起物として初正月を迎える子どもに、一般的には母方の実家から贈られる羽子板や破魔弓。最近では両家で折半するなどさまざまという。

 かんざしを施した羽子板や、こだわりの破魔弓など500点以上が並ぶ。いわき絵のぼり師三代目辰昇さん手描きの破魔弓特注ケースバックなども豊富にそろえている。1万6800~150万円まで幅広い。問い合わせはいわき総本店へ。