福島ユナイテッド選手と交流 初の感謝祭、記念撮影やサイン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田坂監督や選手との交流を楽しんだ感謝祭

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCは9日、福島市南矢野目のチャンネルスクエアで初のファン感謝祭を開き、ファン約150人が選手と交流した。

 田坂和昭監督や選手が会場内で記念撮影やサインに応じた。選手のスパイクなどをプレゼントするじゃんけんや選手が育てたリンゴの詰め放題なども繰り広げられ、参加者を楽しませた。

 今季限りで引退する金功青、岡田大の両選手、退団する内藤友康選手と元福島の久野純弥さんと大原卓丈さんによるトークイベントも開かれた。

 伊達市から参加した女性2人は「来季も活躍に期待したい」と話した。