受け子か?詐欺の疑いで男子高校生逮捕 郡山の80代女性被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の80代女性が8月、全国銀行協会職員を名乗る男から預金通帳をだまし取られ、現金約55万円を引き落とされた「なりすまし詐欺」事件で、郡山署は11日午前10時5分ごろ、詐欺の疑いで埼玉県草加市の男子高校生(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は8月2日午後6時ごろ、同協会職員を装って女性方を訪れ預金通帳2通をだまし取った疑い。同署によると、少年は現金を受け取る「受け子」とみられ、岡山県警にほかの詐欺容疑で逮捕されていた。

 同署によると、少年の仲間の男がデパートの店員を名乗り、電話で「あなたのカードで高額の買い物をした者がいた。悪用されないよう、全国銀行協会に電話してほい」などと女性に告げ、電話番号を教えた。女性が電話を掛けたところ、同協会職員を名乗る男が「あなたの通帳が使えなくなったので、預けてほしい」などと話したという。女性は、同協会職員を装い訪れた少年に通帳を手渡した。