福島県内で「雪」の影響続く 磐越道・トンネルでスリップ事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日の県内は発達した低気圧の影響で各地で雪が降った。福島地方気象台によると、同日午前5時までの24時間降雪量は南会津町南郷57センチ、只見町48センチ、金山町46センチなど。南会津町南郷は午前5時現在の積雪が78センチとなった。

          ◇

 13日午後3時15分ごろ、猪苗代町の磐越道猪苗代磐梯高原―磐梯熱海インターチェンジ間上り線で、乗用車がトンネルの壁に衝突した。運転手の男性と同乗していた女性が軽いけがをした。県警高速隊によると、関都トンネルを走行中の乗用車がスリップし、追い越し車線側の壁面に衝突した。事故当時、路面は凍結していたとみられる。

 この事故のため同区間は約1時間25分通行止めとなった。