車や玄米など盗難、700万円被害か... 白河署逮捕の55歳男

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 白河署は15日、県南地方で車や玄米を盗んだとして今年9月に盗みの疑いで逮捕した本籍矢吹町、住居不定、無職、容疑者男(55)が、ほかの自動車窃盗や倉庫荒らしなど三十数件の事件に関与した疑いがあると明らかにした。同署は同日までに、各事件について追送検した。

 同署によると、県南やいわき地方で今年7月ごろから、車の盗難や玄米などを対象とした倉庫荒らしが多発しており、容疑者は自動車約20台、玄米約2.4トンを盗んだとみられる。被害総額は約700万円に上るという。

 同署は容疑者を追及したところ、三十数件への関与を認めた。車については乗り捨て、玄米は転売して利益を得ていたとみられる。