常磐道でイノシシと軽ワゴン2台衝突 下り線が一時通行止めに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 16日午後4時30分ごろ、富岡町の常磐道で、上下線を走っていた軽ワゴン車2台がそれぞれ同じイノシシ1頭に衝突した。けが人はなかった。

 県警高速隊によると、イノシシは上り線で軽ワゴン車とぶつかった後、中央分離帯を乗り越えて下り線に侵入、別の軽ワゴン車とも衝突した。イノシシはその場で死んだという。

 事故の影響で、常磐道広野―常磐富岡インターチェンジ間下り線が午後4時40分ごろから約1時間55分に渡り通行止めになった。