いわきの県道で土砂除去の作業員死亡 外れたネット当たり転倒

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 16日午前9時10分ごろ、いわき市の県道で、茨城県大子町、会社員(56)が、斜面の落石防止用ネットにたまった土砂を取り除く作業中、外れたネットが体に当たって転倒し、死亡した。

 いわき南署によると、別の作業者が油圧ショベルカーで土砂を取り除いていた際、太いワイヤでできたネットが勢いよく外れ、道路上にいた56歳会社員に当たったとみられる。同署が労災事故として調べている。