迫力の日本刀鍛錬 外国人ら福島で見学ツアー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
外国人らを魅了した作刀の実演

 日本刀を鍛錬する様子などを見学するツアーが17日、福島市民家園で開かれ、日本の伝統的な熟練の技術が参加した外国人らを魅了した。

 同市民家園活用推進協議会と同市観光コンベンション協会の主催。日本在住の外国人11人を含む、約25人が参加した。

 県内唯一の刀匠、藤安将平さん(福島市)が作刀の一部を実演。玉鋼を何度も折り返しながらたたいて延ばし、刀の形に整えた。

 参加者は、玉鋼を打つ甲高い音と舞い上がる火花に見入った。米国出身のシェルビー・ブラウンさん(福島市)は「迫力があって面白かった」と感心していた。