「〆切本」が2位、鏡石・柳沼さん紹介 全国大学ビブリオバトル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
準グランドチャンプ本に輝いた作品を紹介する柳沼さん

 郡山女子大短期大学部専攻科2年の柳沼永(はるか)さん(鏡石町)は17日に東京都で開かれた「全国大学ビブリオバトル2017首都決戦」(活字文化推進会議主催、ビブリオバトル普及委員会共催、読売新聞社主管)に出場し、自身が紹介した「〆切本」(左右社)が2位相当の準グランドチャンプ本に輝いた。

 取り上げたのは、文豪ら90人の締め切りにまつわる日記や手紙、コミックなど94編をまとめた本。3度目の挑戦で勝ち取った初の全国大会で、柳沼さんは「多くの人に素晴らしい作品の存在を知ってもらいたい」との思いや、本の内容などを5分間披露した。

 初めは、作家らのエピソードを「笑いながら読んだ」と柳沼さん。卒業論文の執筆で悩んだときは「書くことが生活と直結している作家と比べたら、私の苦しみはまだ軽い方」と、名作の裏にある文豪たちの苦労などを思い浮かべ、元気をもらったという。

 柳沼さんは「面白い本に出会えたら、また紹介したい」と目を輝かせた。