全国の舞台で頑張れ! 学法石川チア部壮行会、「感動与える演技を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
壮行会で応援を受けたメンバーら

 学法石川高チアリーディング部は来年1月6、7の両日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれる「ダンスドリルウィンターカップ」に前回に続いて出場する。22日までに石川町の同校で壮行会が開かれ、選手が抱負を語った。

 1、2年生9人がポンポンを生かした演技が評価される「POM部門」に出場する。

 森涼校長が「2018年の新しい歴史の幕開けの全国大会。自信を持って臨んでほしい」と激励。

 選手の吉田美咲さん(2年)が「全国の舞台で踊れることに感謝し、笑顔を大切に感動を与えるような演技をしたい」と決意を述べた。