乾燥大麻所持の疑いで37歳会社員逮捕 自宅から1.2キロを押収

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松署は22日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、会津若松市、会社員、容疑者男(37)=大麻取締法違反の罪で起訴=を逮捕した。

 逮捕容疑は11月14日、自宅で乾燥大麻約1.2キロを所持した疑い。

 同署会津美里分庁舎によると、容疑者は容疑を認めているという。捜査関係者によると、押収した乾燥大麻の末端価格は約720万円とみられる。