新たに4人確定...「甲状腺がん」7人に 県民健康調査・3巡目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べる県の「県民健康調査」検討委員会が25日、福島市で開かれた。2016(平成28)年度から始まった3巡目検査(9月末時点)で、前回報告(6月末)から新たに4人が甲状腺がんと確定、がん確定は計7人となった。

 県は原発事故時に18歳以下だった県内全ての子どもを対象に甲状腺検査を実施。11年度から1巡目、14年度から2巡目、16年度から3巡目が始まっている。

 2巡目の検査では、前回報告からがんの確定が1人増えて51人になり、疑いは1人減って20人になったことも報告された。1~3巡目を合わせるとがん確定は計159人(手術で良性と確認された1人を除く)、疑いは計34人になった。

 検討委は1巡目の結果を踏まえ、検査で見つかった甲状腺がんは「放射線の影響とは考えにくい」との中間報告をまとめている。

 一方、検討委では、委員を務める金地病院(東京都)の清水一雄名誉院長が、自身の病院で本県から県外に避難した被災者1人の甲状腺がん手術を実施し、県に報告したと明らかにした。

 清水氏の報告例など県民健康調査の甲状腺検査で先行検査を受診、1巡目以降の検査を受けていない被災者を、現在の調査の枠組みでは把握できる仕組みになっていない。このため星北斗座長(県医師会副会長)は「把握の仕方については今後、継続的に検討していく」と語った。