郡山北工、30日に土佐塾戦 福島県勢21年ぶり花園2勝挑む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
攻守の連係を確認する郡山北工フィフティーン=29日午前、奈良市・鴻ノ池運動公園

 第97回全国高校ラグビー大会は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦が行われる。県勢21年ぶりの花園2勝目に挑む本県代表の郡山北工は、6年連続17回目出場の土佐塾(高知)と対戦する。午前10時45分開始予定。

 悲願の花園初勝利を果たした郡山北工フィフティーンは29日、奈良市の鴻ノ池運動公園で練習を行った。速い流れでパスをつなぐ「展開力」が持ち味の土佐塾を意識し、主力以外のメンバーを「仮想土佐塾」に見立てて攻守の連係を確認。約3時間、初戦の疲れを感じさせない動きで、時折笑顔も交えながら汗を流した。

 後藤陸主将(3年)は「相手の流れを抑えることが大切になる。楽しいラグビーをして正月も試合をしたい」と抱負。小野泰宏監督は「土佐塾へのイメージをしっかり持って戦えるようにしたい」と話した。