「福袋」求める買い物客が列 いわきFCパークで200個を販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アンダーアーマー製品の入った福袋を買い求める買い物客=1日、いわきFCパーク

 いわきFCの拠点となるいわきFCパーク(いわき市)の初売りが1日、同施設で始まり、福袋を求める買い物客が列を作った。

 アンダーアーマー・ファクトリー・ハウスは1日限定で福袋200個を販売した。アンダーアーマーの製品3万円分が入った福袋を1万円で購入できるとあって人気を集めた。飲食店のレッド&ブルーカフェでは3日まで、オリジナルマグカップやコーヒー豆などが入った福袋を1日10個限定で販売している。

 「福々袋」に行列 中合福島店

 中合福島店(福島市)の初売りは1日、同店で行われた。恒例の「福々袋」などを買い求める人が早朝から列を作った。

 今年の福々袋にはリビング用品や食品が詰め込まれた。購入者には、同店で開催中の物産展で使える購入券3000円分や干支(えと)の戌(いぬ)にちなんだ置物などがプレゼントされた。買い物客は大きな福々袋を笑顔で受け取っていた。

 「お年玉袋」人気 うすい百貨店

 うすい百貨店(郡山市)の初売りは2日、同店で始まった。1万円分の商品券が付き、最大で10万円分の商品券が当たる抽選券が付いた「お年玉袋(税込み1万円)」などを販売した。

 午前4時ごろから買い物客が並び始め、約3000人が列を作った。「お年玉袋」のほか、婦人服やアクセサリーなどが入った福袋約1万4000個を用意した。福袋は3日も販売する。