ドローンで斜面老朽化調査 30%省力化、郡山の地質調査会社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ドローンを使った斜面の赤外線調査

 地質調査の山北調査設計(郡山市、林英幸社長)はこのほど、小野町の県道小野四倉線に隣接するモルタル吹き付け斜面で赤外線サーモグラフィーを搭載した小型無人機(ドローン)を利用して老朽化状況を調査した。

 県三春土木事務所の発注による劣化診断調査で温度の分布状態を解析して空洞化の状況を確認した。

 同社によると、ドローンを使用した斜面の赤外線調査は自治体発注では全国でも珍しい。これまで高所作業車などを使用して調査してきたが、時間にして約30%省力化できるという。

 同社は3年前に空間情報部を設け、ドローンによる空撮と、そのデータから3次元化する業務を展開している。林社長は「道路の防災点検業務への利用を検討していく」としている。