男児ら4人けが 白河・東北道、6台が絡む事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 3日午後8時45分ごろ、福島県白河市の東北道矢吹―白河インターチェンジ間上り線の阿武隈パーキングエリア付近で、乗用車など6台の事故があった。白河地方消防本部によると、けが人は成人男性2人、成人女性1人、小学生の男児の計4人で、いずれも命に別条はないもよう。

 県警高速隊によると、軽乗用車に後続の車が追突。また、事故を避けようとした別の後続の車4台が路肩などにぶつかったという。軽乗用車は横転、後続の車1台は炎上した。

 現場は片側2車線で、雪のため2日夜から時速50キロに速度を規制されていた。同隊が詳しい原因を調べている。

 事故のため、同区間は3日午後8時48分から通行止めとなった。