幸せ願う「夫婦獅子舞」 田村・船引で保存会が披露

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
仲むつまじい様子を披露する夫婦獅子舞=田村市船引町

 福島県田村市船引町の大鏑矢神社に伝わる夫婦獅子舞のお渡りが3日、同市船引町で行われた。2頭の獅子が舞い、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、夫婦円満などを祈願した。

 夫婦獅子舞は807(大同2)年、天から降ってきた2頭の獅子頭を同神社に移して舞いを披露したのが始まりとされる。市無形民俗文化財で、保存会が伝統を継承している。

 同神社で奉納された後、氏子宅やショッピングセンターなどで夫婦獅子舞の仲むつまじい姿が披露された。