JICA二本松で入所式 福島県の4人、派遣前訓練へ決意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
訓練に臨む決意を新たにした(右から)横川さん、高根さん、渡辺さん、鈴木さん

 国際協力機構二本松青年海外協力隊訓練所(JICA二本松)は6日、福島県二本松市の同所で本年度4次隊入所式を行い、青年海外協力隊候補者68人とシニア海外ボランティア候補者15人の計83人が派遣前訓練に臨む決意を新たにした。青年は70日間、シニアは35日間の訓練を経て17カ国に派遣される予定。

 本県関係では西郷村出身の横川覚志さん(23)=ケニア派遣、林業・保林保全、二本松市出身の高根光さん(27)=ケニア派遣、コミュニティ開発、郡山市出身の渡辺里保さん(24)=マレーシア派遣、日本語教育、西郷村出身の鈴木麻美さん(30)=モザンビーク派遣、ソーシャルワーカー=が入所した。4人は言語の習得やコミュニケーション能力などを身に付ける目標の達成へ意欲を示した。

 式では洲崎毅浩所長が式辞。三保恵一二本松市長らが祝辞を述べ、高根さんが候補者宣誓した。