健康ウェブ動画とCM発表 アプリ・ネット配信、箭内夢菜さん出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県が作成した健康ウェブ動画の一場面

 福島県は9日、県民の健康意識を高めるウェブ動画と新CMを作ったと発表した。

 ウェブ動画は「食・運動・社会参加」をテーマとした3種類で、初めて作成。「ふくしま健民アプリ」のホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信し、県民の健康指標の改善に向け、健康づくりの機運を高める。

 県庁で同日、披露会が開かれた。動画に出演した「ふくしま健民プロジェクト大使」で高校生タレントの箭内夢菜さん(郡山市)が出席し「健康の大切さを知ってほしい。自分は関係ないではなく、たくさんの人に健康に気を使っていただきたい」と呼び掛けた。

 動画では箭内さんらが健康づくりの方策について意見交換。本県のメタボリック症候群の割合(メタボ率)が全国ワースト3位であることを示し「予防にはバランスの取れた食生活と適度な運動を続けることが重要」と指摘。時折、出演者を漫画風にアレンジして表現し、重要項目を強調する内容となっている。

 新CMはメタボ率改善のために運動を推奨する内容で、10日~2月9日に県内民放4局で放送される。

 披露会には「ふくしま健民プロジェクト応援団」を務める芸人「ぺんぎんナッツ」の中村陽介さんといなのこうすけさんも出席。中村さんは「福島県に住んで20キロ太ったので、1年間で10キロ痩せるチャレンジをしたい」と意欲を語った。

 動画が閲覧できるアドレスはhttp://kenkou‐fukushima.jp/appli‐info/