避難者民家で窃盗疑いの20代男2人逮捕 現金やカメラなど盗む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 双葉署は11日午前10時25分ごろ、盗みの疑いで、いわき市、解体作業員、男(23)、同市、無職、男(23)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月10日から同17日までの間、東京電力福島第1原発事故で住民が避難している富岡町の民家で、屋内にあった現金約2000円とカメラなど5点(計17万円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、同町では、同様の被害が相次いでいることから、同署が関連を調べている。