銀嶺食品、初の直営レストラン サンパレス福島に14日オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アボカドとエビのタルティーヌ

 製パン・製菓の銀嶺食品(福島市)は14日、福島市上町のサンパレス福島1階に、自社製パンや県産食材を使ったメニューを提供するレストラン「Vishuria(ヴィシュリア)」を開店する。同社が直営でレストランを手掛けるのは初めて。

 ダイニングエリアでは、自社製パンを使ったタルティーヌやデリトーストのランチプレートなど4種類の日替わりメニューを税込み680~880円で提供。県産野菜を中心とした生野菜や温野菜、ピクルスなどが豊富にそろう「お野菜ブッフェ」は税込み600円で楽しめる。

 店内には物販ゾーンを設け、自社製パンやジャム、ドレッシング、県産果物を使った焼き菓子などを販売する。本県の食の魅力を県内外に知ってもらうとともに、県内の農産物生産者や食品製造者に商品を披露する場として活用してもらう狙いもある。

 営業時間は午前10時~午後6時(ラストオーダー同5時15分)。火曜日定休。