「タウンモール・リスポ」15日閉店 来場者、壁に感謝の言葉

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
感謝の言葉などが描き入れられたリスポの壁

 15日に閉店する福島県いわき市小名浜のタウンモール・リスポで13日、閉店イベントが始まった。来店者たちが別れを惜しむように買い物や催しを思い思いに楽しんでいる。14日まで。

 ハンドメイドの小物などを販売する「シオカゼマルシェinリスポ」では、手作りのアクセサリーなどが店頭に並び、来場者が好みの商品を買い求めた。

 階段の壁などで「オクリエ」として、来場者がリスポでの思い出や感謝の言葉、絵などを描き入れた。2階には小名浜の歴史を写した写真が展示され、当時を懐かしむ人の姿も見られた。

 同店に瓦展示場を持つマルエイは閉店に合わせ、社員総出で大売り出しを実施。瓦のコースターや植木鉢などを販売し、購入者にレジャー施設のチケットがプレゼントされた。