小・中部門で東北大会へ6団体 福島県アンサンブルコンテスト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
練習の成果を披露する出場者

 第45回県アンサンブルコンテストは13日、福島市で開幕した。初日は小学校と中学校の2部門が行われ、計6団体が東北大会への切符を得た。東北大会は2月11日、同市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれる。

 代表に選ばれたのは、小学校の部が三河台木管三重奏、伊達金管八重奏、中学校の部が信夫木管五重奏、郡山一木管三重奏、平三金管八重奏、原町一木管八重奏。小学校の部に15団体、中学校の部に45団体が出場した。

 最終日の14日は高校、大学、職場・一般の3部門が行われる。東北大会出場枠は高校4団体、大学1団体、職場・一般1団体。