JR貨物ターミナルで発煙 郡山、東北線列車に遅れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR東日本福島支店によると、郡山市の東北線郡山貨物ターミナルの作業通路から発煙が確認された。

 この影響で普通列車上下線計3本が最大70分遅れ、約140人に影響した。原因は調査中だが、列車のブレーキ時に飛び散る熱を持った鉄粉などが発煙の原因となった可能性があるという。

 同支店は「利用者の皆さんにご迷惑をお掛けした。今後も同様の事態が発生した場合、迅速な運転再開に努めていく」とした。

◆受験生7人が時間繰り下げ センター試験

 大学入試センターなどによると、郡山市のJR郡山貨物ターミナルで煙が出たことに伴うJR東北線の遅れの影響で福島大で受験生2人、日大工学部で5人の計7人が、午前11時20分開始予定だった数学〈1〉から開始時刻を50分~1時間繰り下げ別室で試験を受けた。