勇壮に「大俵引き」 伝統の奇祭に熱気、会津坂下

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の見物客に囲まれ、大俵を引き合う男衆=14日午後2時30分、会津坂下町

 約400年の伝統を誇る会津坂下町の冬の風物詩「坂下初市・奇祭大俵引き」は14日、同町役場周辺で行われ、引き子たちが勇ましい俵引きを繰り広げた。町観光物産協会の主催。

 高さ2.5メートル、長さ4メートル、重さ5トンの大俵を下帯姿の引き子が東西に分かれて引き合い、その年のコメの相場を占う伝統行事。東が勝つとコメの値が上がり、西が勝つと豊作になるといわれている。

 今年は県内外から約150人が参加。3本勝負の結果、2勝1敗で西に軍配が上がった。