福島県沖魚介類、基準値超2年連続『ゼロ』 セシウム濃度検査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故後、県が沿岸海域で実施している魚介類の放射性セシウム濃度検査で、2017年に採取した全ての検体が国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回ったことが15日、県水産試験場への取材で分かった。一年を通じて全検体が基準値を下回ったのは、16年に続き2回目。

 県水産試験場によると、17年の検体数は8722で、うち8555(98.1%)が検出限界値未満だった。検出された167検体(1.9%)の最高値は1キロ当たり36ベクレルで、県漁業協同組合連合会が独自に定めている出荷前の基準値(同50ベクレル)も下回った。

 県の検査は11年4月から実施。基準値を超えた検体は11年の39.8%から減少傾向が続き、15年には0.05%になった。15年4月以降は、基準値を超えた検体は出ていない。水産試験場の担当者は「科学的な数値に基づき、消費者に魚介類の安全性を示していきたい」と話した。