処理水放出「議論慎重に」 内堀知事、国と東京電力の説明重要

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長が放射性トリチウム(三重水素)を含む処理水を希釈して海洋放出すべきだとの考えを示していることについて、内堀雅雄知事は15日の定例記者会見で「国と東京電力で環境や風評への影響などについて丁寧に説明し、理解を得ること、何より慎重に議論を進めてもらうことが重要」と改めて注文した。

 福島第1原発事故による風評被害は依然として厳しく、内堀知事は「風評の問題は県内だけでなく、全国、世界からのさまざまな意見、考え方も強く影響していく」との認識を示した。

 トリチウムは人体への影響が少ないとされており、薄めるなどして濃度基準を下回れば海に流すことが国際的に認められている。運用中の原発では長年、海洋放出する方法が採用されている。

 福島第1原発にたまり続ける処理水の取り扱いを巡っては、社会に与える影響を含めて国の小委員会が議論を進めている。