キャンドルともし黙とう 郡山で追悼行事、阪神大震災から23年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
キャンドルをともし、犠牲者の冥福を祈る参加者=郡山市・開成山公園

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年となった。福島県郡山市のNPO法人ハートネットふくしまは17日早朝、同市の開成山公園でハートと「1.17」の形に並べたキャンドルに灯をともし、会員が発生時刻の午前5時46分に合わせ神戸市の方角に向け黙とうをささげた。

 同団体は阪神大震災を機に被災地支援を目的に発足、毎年追悼行事を行っている。今年は約370本のキャンドルを点灯、参加者が犠牲者の冥福を祈った。

 吉田公男理事長(61)は「『忘れない』ということが私たちにできること。今後も追悼行事を続け、少しでも次世代に伝えていきたい」と話した。