アートで飾る商店街 21日から福島・県庁通りでフェス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
マスキングテープでハートの台紙を彩る参加者

 商店街をマスキングテープを使ったアートで彩る「マステアートフェス」は21日~3月11日まで、福島市の県庁通り商店街で開かれる。

 商店の窓やシャッターなどが、市内の児童や学生、マスキングテープアーティストの船原七紗さんらの作品で彩られる。

 初日の21日は午前10時から午後3時(受け付けは同2時30分)まで、「幸せのクローバーを探せ!スタンプラリー」が行われる。参加者にはマスキングテープが贈られる。フェス、スタンプラリーともに参加無料。

 同フェスは、子どもたちのアイデアで商店街のにぎわいをつくる県の「ふくしまの子・ふるさとの商店街プロデュース事業」の一環。

 問い合わせは事務局(電話024・593・0500)へ。

◆マステアートに挑戦

 フェスに向けたワークショップは17日までに、福島市の文化堂ビルで開かれ、児童や保護者ら約20人が、船原さんのアドバイスを受けながらマスキングテープを使ったアートに挑戦した。