石河清さんの遺徳、歌でしのぶ 教え子らいわきでコンサート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
石河さんをしのんで歌を披露した合唱団メンバー

 元県合唱連盟名誉理事長の故石河清さんをしのぶメモリアルコンサートが14日、いわき市文化センターで開かれた。石河さんの指導を受けた市内の合唱団員が歌で石河さんへ哀悼をささげた。

 石河さんが指導した女声合唱団「いわき」や「ラ・ヴィアン・ローズ」、「優しく歌おうコスモスの会」、「ラ・ヴィアン・クール」などが出演。石河さんの次男で指導活動を引き継ぐ明さんが指揮し、石河さんと親交の深い県合唱連盟理事長の菅野正美さんらがゲスト指揮者としてタクトを振った。

 石河さんが作曲した「Dona nobis Pacem(ドナ・ノービス・パーセム)」や、全国大会で最優秀賞を受賞した「茜(あかね)の空に」、合同合唱として石河さんが愛したフォーレ作曲の「レクイエム」作品48など10曲を演奏した。

 開演直後、ステージに掲げられた石河さんの写真に関係者が花を手向けた。

 明さんは「父が最後に指揮したこの場所で皆さんに演奏を披露できることをうれしく思う。父の思いが皆さんの心によみがえるといい」と話した。